Skip to content

イタリアの美味しい前菜 牛肉のブレザオラ


ブレザオラは、北イタリア、ロンバルディア地方の牛肉を乾燥させた生ハム。生ハムは豚肉の加工品が一般的ですが、有名なパルマハムなどとの大きな違いは、脂身が圧倒的に少ないということ。

生ハムは切りたてを頂くのが最高なのですが、特に脂身の少ないブレザオラは時間がたってしまうと、パサついたドライな印象を受けるかもしれません。

今回は、上質なオリーブオイルとレモンを使って、家庭で簡単に出来るアレンジのレシピをいくつかご紹介したいと思います。

おもてなしや、アペリティーボのお供に、お洒落で美味しい1品ですね。

Sponsored Link

 

基本のブレザオラ

  • ブレザオラ
  • オリーブオイル エクストラバージン 適量
  • レモン ½程度
  • 塩、胡椒(お好み)

ブレザオラとルッコラのサラダ

  • 基本のオリーブオイルとレモンを全体にかけた後、中央にルッコラをのせる
  • お好みで、薄くスライスしたパルミジャーノやグラナパダーノなどを

ブレザオラとアーティチョークのオイル漬け

  • アーティチョークのオリーブオイル漬けを合わせるので、特にオリーブオイルをかけずにそのままカットしたアーティチョークをまんべんなく全体にのせる

ブレザオラとグラナパダーノチーズ

  • 基本のオリーブオイルとレモンを絞って、ナイフで薄く大きめにスライスしたグラナパダーノチーズを全体にまぶす

ブレザオラとトリュフオイルとパルミジャーノチーズ

  • オリーブオイルの代わりにトリュフオイルとスライスしたパルミジャーノチーズを全体にまぶし、最後に胡椒をかけて

 

p1060360

写真は、牛肉のカルパッチョですが、イメージしやすいようにのせています。

Buon Appetito!

Scroll Up