イタリア&地中海料理

ミラノ風 仔牛のコートレット 

今日のレシピは、仔牛を使ったオーソドックスなミラノ風コートレットです。

ドイツやオーストリアでもシュニッツェルと呼ばれるカツレツですが、日本の揚げ物のように、たっぷりの油で揚げるのではなく、揚げ焼きにしているのが違いです。

たたいて薄く引き伸ばしたやわらかい仔牛の肉と、バターの風味がしみ込む衣はとても美味しいです。

レモンを絞って、塩をかけて召し上がってください。

 

材料 2人分

  • 仔牛(骨付き背肉) 2枚 約500g
  • 卵 2個
  • 薄力粉 適量
  • パン粉 適量
  • 揚げ油 適量
  • バター 大さじ2程度
  • レモン ½個
  • 塩 少々

 

作り方

  1. 仔牛はまわりの脂身をナイフで切り落として手で薄く広げる
  2. 薄力粉を両面にしっかりとつける
  3. 溶き卵をつける
  4. たっぷりとパン粉を両面に押し付ける

 

焼き方

  1. 一枚一枚が大きいので何枚か同時に揚げるときは、はじめに焼いた肉が冷めないようにあらかじめオーブンを予熱しておく
  2. フライパンにサラダ油大4、バター大2を目安に油を入れ、両面をカリッと焼く
  3. 余分な油をキッチンペーパーでカットし、予熱済みのオーブン、網にのせる(網にのせると衣がカリッとしたまま保てます)
  4. 他の肉も同様に焼く
  5. 食べる直前に塩と、レモンを絞って完成