Skip to content

行者にんにくとフダンソウ、アスパラガスのフリッタータ


旬の野菜がたっぷりと詰まった簡単イタリアンオムレツ、フリッタータのレシピです。

行者にんにくは、ドイツではベアラウフと呼ばれ毎年春になり気候が緩やかになるとマーケットに出回りはじめます。ドイツではペストにしたりパン生地に練りこんだり、キッシュなどに入れたりするようですが、にんにく好きの私でもかなり強めの味なのでメインに使用するというより、味のアクセントとして調理することをお勧めします。

今回のレシピでは旬のフダンソウとアスパラガスをたっぷりといれ、玉ねぎの代わりに、行者にんにくの葉を細かく切って香り付けをしています。前菜の1品やサラダなどに添えて召し上がって下さいね。

材料 直径20cm

  • 行者にんにく(ベアラウフ) 2枚
  • フダンソウ(スイスチャード) 3~4本
  • アスパラガス 3本
  • 卵 大4個
  • にんにく 1片
  • 塩、胡椒 適量
  • オリーブオイル

作り方

  1. フライパンにオリーブオイルをひき、にんにくを入れ香りを付ける
  2. 小さくカットしたフダンソとアスパラガスを加えて中火で炒める
  3. 塩、胡椒で味を調え、にんにくを取り除いておく
  4. ボウルに溶き卵を用意し、粗熱がとれたら炒めた野菜とカットした行者にんにくを加え混ぜ合わせる
  5. 味を確認した後、フライパンに再度オリーブオイルをひき材料を流し入れる
  6. 片面に火が通ったら、フライパンより少し大きめのお皿を使い素早くひっくり返し、もう片面にも火を通して完成

Scroll Up