Skip to content

無添加 ほっこりカボチャのクリームスープ


かぼちゃを皮ごとたっぷりと使った、ほっこりする優しい味のスープです。

ドイツでは、北海道という品種で売られているものを使用していますが、調べてみたところ、日本では、赤皮栗南瓜(あかがわくりかぼちゃ)という品種が、こちらで手に入るカボチャ(北海道)に姿形が似ているようです。

もちろん、手軽に買えるカボチャで作ることができます。そして、当レシピでは、固形だしなどは使わずに作るので、自然のやさしい甘味が残る優しい味に仕上がります。

味のアクセントには、カボチャと相性の良い、生しょうがを加えています。

程よい甘さの、優しい味が特徴で、ちょっと肌寒いという日に美味しいスープです。

kuerbis2

材料

  • カボチャ 1個
  • エシャロット、もしくは、玉ねぎ 大1個
  • セロリ 2,3本
  • 人参 1本
  • いんげん豆 適量
  • 生しょうが 少々
  • オリーブオイル 適量
  • 塩、胡椒 適量
  • パルミジャーノチーズ 少々
  • 野菜ブイヨン

下準備

はじめに、野菜のかすや皮などを使って、野菜ブイヨンを作ります。約30分程度必要。

基本の野菜ブイヨン

美味しい出汁をぐつぐつと煮出している間に作業を進めます。

作り方

  1. エシャロット、もしくは玉ねぎをみじん切りにする
  2. セロリ、皮を剥いた人参なども、小さめにカット
  3. 南瓜は皮ごと、一口大にカット(最後に、バーミキサーを使うので、それぞれのサイズが違っても大丈夫です)
  4. 深めの鍋に、オリーブオイルをたっぷりと入れて、エシャロットとみじん切りにした、生しょうがを加えて炒める
  5. カボチャを加えて火をとおす
  6. セロリ、人参、いんげん豆を入れて、ゆっくりと炒める
  7. 必要に応じて様子を見ながら、オリーブオイルを加えて炒める
  8. 野菜全体に火が通ったら、別の鍋で作った、野菜ブイヨンをたっぷりと加える
  9. 塩で味を調える
  10. 約20~30分程度、水分が少し飛んで、ギュッと引き締まった感じに全体がなってきたら、塩で味を再度確認して火を止める
  11. バーミキサーを使って、大きめの野菜を中心につぶしながら、適度に食感を残してクリーム状に仕上げる
  12. お皿に盛り付け、食べる直前に、お好みでパルミジャーノチーズ、胡椒をふって、完成

Scroll Up