パスタ

基本のボロネーゼソース

今日のレシピは、ラザニアやパスタソースに重宝する基本のボロネーゼソースです。

ソース(ラグー)の材料は、玉ねぎ、にんじん、セロリ、ひき肉、トマトととてもシンプル。

ボロネーゼ発祥の地、北イタリアのボローニャは、卵を使ったパスタの産地。本格的なボロネーゼを作るのなら、生地に卵を使用したタリアテッレとあわせて、タリアテッレ・アル・ラグーを是非作ってみてください。

 

写真のパスタはリガトーニというショートパスタです。

 

材料 4人分

  • 合い挽肉 350g
  • 玉ねぎ 大1
  • にんじん 大1本
  • セロリ 大1本
  • オリーブオイル 適量
  • 赤ワイン グラス1杯
  • トマト缶 1缶
  • ローリエ 1枚
  • 塩、胡椒 適量
  • タリアッテッレ 一人 100g
  • バター、牛乳 少々
  • パルミジャーノ お好み

 

作り方

  1. 玉ねぎ、にんじん、セロリは小さくみじん切りにしておく
  2. 深鍋にオリーブオイルをひき、野菜を加えて弱火でゆっくりと火を通す
  3. 合い挽肉を加えて木べらなどで肉をほぐしながら炒める
  4. 赤ワインを加えてアルコールがとぶまでしっかりと炒める
  5. トマトソース、ローリエを加え、塩、胡椒で味を調えじっくりと中火~弱火で30分程度様子をみながら煮る
  6. 味を最後にととのえて完成

 

仕上げ

  1. 塩をたっぷりと加えたお湯でパスタを茹でる
  2. あらかじめ温めておいたソースと絡め、仕上げにバターひとかけ、牛乳小さじ1杯程度を加えて混ぜる
  3. お好みでパルミジャーノチーズをかけて完成

 

 

 

Copyright ©saluteatavola. All Rights Reserved.