Skip to content

ズッキーニとレンズ豆のスープ 


夏野菜のズッキーニとレンズ豆を合わせた、ホッとする味のスープです。当ブログでは、年中野菜を中心としたレシピを提案していますが、どうしても冬はスープ、夏はサラダ中心に偏りがちです。

もちろん、継続して生野菜を毎日食べる事をおすすめしますが、暑い日にも、週に1度はスープを献立に組み入れ、冷蔵庫のお掃除をしながら、体もデトックスすると、疲れた胃や体が温まるのを実感します。

今回のレシピでスープに合わせている、ニュールンベルガーソーセージは、南ドイツのグリルタイプの腸詰です。ハーブの香りが美味しいソーセージなので、スープとの相性もとても良いですね。

材料 2人分

  • ズッキーニ 1本
  • レンズ豆(乾燥) 40g
  • フダンソウ 3本
  • 玉ネギ 小1個
  • 人参 中1本
  • じゃが芋 小2~3個
  • セロリ 2本
  • ニュールンベルガー(ソーセージ) 4本
  • オリーブオイル 適量
  • 塩、胡椒 適量

作り方

  1. レンズ豆に重曹を加え、たっぷりの水につけておく
  2. 野菜は重曹で洗って汚れを落としておく
  3. 野菜を小さくカットする
  4. 鍋にオリーブオイルをたっぷりとひいて、みじん切りにした玉ねぎをゆっくりと炒める
  5. 火の通りにくい野菜から順に、じゃが芋、人参、ズッキーニ、セロリ、フダンソウと加えて炒める
  6. 火が通ったら、たっぷりの水と、レンズ豆を加えてコトコト煮る
  7. 一度沸騰したら、弱火に切り替えて約30分煮る
  8. 塩、胡椒で味を調える
  9. 水分が減って、じゃが芋やレンズ豆がしっかりと茹であがったら、バーミキサーを使ってクリーム状に仕立てる
  10. 完全にクリーム状にはせず、食感を残すように、じゃが芋などを潰すような感じで仕上げる
  11. 別のフライパンで、ソーセージを炒め、食べやすい大きさにカットする
  12. スープの上にのせて完成

Sponsored Link

Scroll Up