Skip to content

ストロッツアプレティと白ワインのラグーソース


粉、水、塩で練っただけのとてもシンプルなパスタ、ストロッツアプレティ(Strozzapreti)は、イタリア北東部から中央イタリアにかけて伝わるショートパスタです。

羊や、猪の肉を使用したラグーソースをはじめ、その土地に伝わる材料を使った素朴なソースを合わせるレシピが多いですが、Salute a Tavolaでも家庭でも取り入れやすい、ひき肉と白ワインをたっぷりと加えて煮込んだ、簡単で美味しいラグーソースのレシピと共にご紹介したいと思います。

歯ごたえのある食感と、良く絡んだソースがとても美味しいパスタです。

 

材料 2人分

  • Strozzapreti (スペルト小麦使用) 160g~200g程度
  • 合い挽き肉 約350g
  • 玉ねぎ(エシャロット) 中1個
  • にんにく 1片
  • 人参 大1本
  • セロリ 2本
  • イタリアンパセリ 適量
  • 白ワイン 約200ml
  • ローリエ 1枚
  • 唐辛子 少々
  • 水 適量
  • 塩、胡椒 適量
  • オリーブオイル
  • パルミジャーノチーズ 最後にお好みで

 

作り方 ラグーソース

  1. 野菜は良く洗ってから、小さく大きさを揃えるようにカットする
  2. 深めの鍋にオリーブオイルと刻んだ玉ねぎ、つぶしたにんにく、唐辛子を加えて香りを引き出す
  3. ひき肉を加えて炒め、途中で準備しておいた野菜(イタリアンパセリ以外)を加えて炒める
  4. ローリエを入れる
  5. 全体に火が通ったら、白ワインをまわし入れ一気にアルコールを飛ばし、弱火に切り替えてしばらく煮込む
  6. 必要に応じて、水分を少々足す
  7. 引き続き10分程度煮込み、途中刻んだイタリアンパセリをたっぷりと加え、塩、胡椒で味を調える
  8. ローリエ、にんにく、唐辛子などを取り除く
  9. 茹であがったパスタとソースをさっと絡め、器に盛って完成
  10. お好みでパルミジャーノチーズなどを合わせて

 

 

 

 

 

 

Scroll Up