Skip to content

ツナとピゼリのシンプル黒米ライスサラダ


風味豊かなイタリアの黒米(Riso Venere)を使った、簡単で美味しい季節を問わず楽しめるツナとピゼリのライスサラダのレシピです。

ランチなどを簡単にすませたい時の1品料理としてや、常温で頂くサラダなので沢山作ってホームパーティーに彩を添えるのもおすすめです。

今回は、家庭にある身近な材料でパパッと作っていますが、例えば具を海老などにおきかえると彩り華やかになりますね。

この黒米は、日本米とは違って炊飯器などでは炊かず、深めの鍋に水をたっぷりと入れて約40分ほど茹でます。長時間茹でてもしっかりとアルデンテに仕上がるので、火をかけてからは時々水加減を確認する程度で、あとはタイマーをかけて放っておくだけ。

鍋でお米を炊くといっても焦げ付く心配もなく、とても簡単に作れるので是非作ってみてくださいね。

 

材料 2人分

  • 黒米(Riso Venere nero) 120g
  • ピゼリ (グリーンピース) 約30g
  • ネギ 少々
  • ツナ 1缶
  • マヨネーズ 適量
  • 塩 少々

 

作り方

  1. 深鍋に水(お米の約2倍程度)と塩を少々加えてタイマーを40分セットする
  2. 鍋に蓋をせず、一度沸騰したら弱火にし、水分がなくならないように様子をみながら茹でる(水分がなくなったら水を足す)
  3. 茹であがったらお湯をきって、水で素早く洗ってしっかりと水分をきる
  4. お米を茹でている間に、別の小鍋でピゼリをさっと茹で、その後冷水につけて水分をきっておく
  5. ツナ缶は、オイルや水分をきっておく
  6. ネギは薄くスライスしておく
  7. お米の温度が下がったらすべての材料をマヨネーズと一緒に混ぜ合わせて完成

 

 

 

 

 

 

Scroll Up