Skip to content

基本の野菜ブイヨン


身近な野菜を使って作る基本の野菜ブイヨンは、スープのベースやリゾット、パエリアなど、様々なレシピに活躍します。

サラダや普段の料理では食べずに捨ててしまう部位などを使って作る出汁は、家計、環境、体に優しい、良いところ尽くしですね。

その時に使いたい分だけサクッと作っても良いですし、少し時間をかけて沢山作り、小分けにして冷凍しておくと、使いたい時に取り出すだけなので非常に便利ですね。

もちろん、リサイクルの部位だけでなく、丸ごと贅沢に野菜を入れて作っても美味しく仕上がります。

今まで固形スープの素を使っていた方は、今日から天然だしで体に優しく、美味しく。

基本の材料 2人前

  • セロリ 数本 葉の部分や芯の部分など
  • 人参 皮つき大1本、小2本
  • 玉ねぎ 1玉 (皮を取り除き、丸ごとを半分にカットし使用しても良し、皮ごと上下をカットし、ふだん捨ててしまう部位を使っても良し)
  • イタリアンパセリ 少々
  • にんにく 一片
  • こしょう 数粒

 

アレンジで入れても美味しい野菜

  • 長ネギなどのネギ系
  • 生しょうが 皮つきをスライスしたもの
  • ローリエ 1枚
  • ドライトマトの塩漬け 少々
  • サフラン など

作り方

深めの鍋に、たっぷりと野菜がかぶるくらい綺麗な水を入れて弱火でコトコト煮る。

水に色がしっかりとついて、野菜の味がしっかりと出たころ、30分を目安に火を止めて完成。

 

Scroll Up