グローバルキッチン

キヌアとフダンソウのミネストローネ

今日のレシピは、キヌアとフダンソウのミネストローネです。

キヌアはインカ帝国の時代から受け継がれてきた大変古い穀物で、食物繊維、鉄分、たんぱく質、ビタミンなどを豊富に含みます。

さらには低GI値、グルテンフリー、低カロリーでありながらも腹持ちもが大変よいのが特徴です。

キヌア、フダンソウ共に鉄分を豊富に含むので、夏バテ防止や貧血気味の方へも大変優れた組み合わせのスープです。

素材の味をいかしたシンプルで優しい味付けです。

 

材料 2人分

  • キヌア(赤) 50g
  • じゃが芋 100g
  • 人参 小2本
  • セロリ 2本
  • フダンソウ 5本
  • 玉ねぎ 中1個
  • 生ショウガ 1㎝程度
  • 赤唐辛子 少々
  • オリーブオイル 適量
  • 塩 適量

 

作り方

  1. 玉ねぎをみじん切りにしオリーブオイルと炒める
  2. ショウガを細かく刻み、赤唐辛子を少々加える
  3. じゃが芋、人参をサイコロ状にカットし炒める
  4. セロリを小さくカットし加える
  5. フダンソウを加え、全体に火が通ったら水をたっぷりと入れ塩を加えて約30分弱火で煮る
  6. キヌアを軽く洗い約20分煮る(水分を吸うので足りなければ時折水を加える)
  7. 塩で味を調え、赤唐辛子を取り除く