イタリア&地中海料理

ローズマリーとじゃが芋、鶏肉のオーブン焼き

今日のレシピは、ローズマリーとじゃが芋、鶏肉のオーブン焼きです。

にんにくとローズマリーの香り、鶏肉のジューシーな香りが食欲をそそります。

調理時間を調整するために、ジャガイモは下茹でし、鶏肉はあらかじめ表面をフライパンで火を通しておくと仕上がりに差が出ます。

オーブンに入れる際は、皮を上にして焼くとパリッとして美味しいですね。

鶏肉が余ったら冷蔵庫で冷やし翌日にサンドイッチの具としてアレンジしても美味しいですね。

冷やして食べる場合には、調理後、粗熱をとって上質なオリーブオイルと塩、胡椒、香草でマリネをしておくとハーブの香りがほのかに香り美味しく仕上がります。

出来立てアツアツのジューシーな肉とは違い、引き締まった肉と香草の香りが楽しめます。

 

DSCN1725

写真は、ミルトの葉でマリネしたもの

 

材料 2、3人分

  • 鶏肉 (レシピではチキンレッグ使用) 約1kg
  • じゃが芋 小5個
  • フレッシュローズマリー 適量
  • にんにく 2片
  • オリーブオイル 適量
  • 塩、胡椒 適量

 

作り方

  1. 火の通りをよくする為(煮崩れし難いメークインなどを使用する場合)皮ごとさっと10分程度茹でておく。
  2. じゃが芋の皮を剥いて半分、もしくは¼にカット
  3. オーブンを約250度に温め耐熱皿にクッキングシートをひく
  4. 鶏肉の皮を上面に、それぞれが重ならないように置く
  5. にんにくを適当な大きさにカットし鶏肉の間に埋め込む
  6. じゃが芋を隙間に置き、ローズマリーを埋め込む
  7. 塩を適量かけ、オリーブオイルを全体にかける
  8. 十分にオーブンが温まったら約40分~60分様子を見ながら焼く
  9. 鶏肉に適度な焼き色がつき、美味しそうな香りが漂ってきたら確認し火を止め完成