Skip to content

サルデーニャ島のレシピ アーティチョークのサラダ 


ニンニクの香りが食欲をそそる、鍋で蒸し煮にするローマ風や、そのまま素揚げするユダヤ風が代表的なアーティチョークは、初冬から春にかけて旬の野菜です。

今回のサラダは、棘が鋭いすっきりとした形の品種、スピノーゾの産地、サルデーニャ島や北イタリアのリグーリア州に伝わるレシピです。

相方の実家でも、冬になるとよく食卓にあがるアーティチョークですが、ふだんは、どどーんとテーブルに丸ごとごっそりとあがり、各自ナイフでカットしながらオリーブオイルと塩をつけてワイルドに花弁の部分(下の白い部分)も一枚ずつちぎって食べます。

またクリスマスなどの特別な日には、食べやすくスライスし、上にからすみとペコリーノチーズを贅沢にのせて頂いたりもします。

日常からおもてなしまで、冬の食卓に欠かせないアーティチョークは、美味しいだけでなく栄養も豊富な野菜です。

島の名産品、からすみとペコリーノチーズをたっぷりと使うレシピはサルデーニャ島ならでは。

旬を楽しむ贅沢なサラダです。

BIG

島の薄焼きパン、パーネカラザウを添えて食べたいですね。

Pane carasau, typical bread of sardinia

 

材料

  • アーティチョーク 1本
  • レモン 少々
  • イタリアンパセリ 少々
  • オリーブオイル エクストラバージン
  • 塩、胡椒
  • チーズ(パルミジャーノやペコリーノなど)(お好み)
  • からすみ (お好み)

 

下準備

基本 アーティチョークの下処理を参考に↓

基本 アーティチョークの下処理

 

モンタージュ

  1. 薄くスライスしたアーティチョークを、オリーブオイルと塩、胡椒、刻んだイタリアンパセリと和える
  2. お好みで、チーズをナイフで薄くスライスしてのせる
  3. 更にお好みで、からすみをナイフで薄くスライスしたものや、パウダー状に削ってサラダに贅沢にのせる

Sponsored Link

 

 

 

Scroll Up