Skip to content

スパイスの香りが食欲をそそる 夏野菜のオリエンタル煮


家庭で様々なお料理を作る上であると大変便利な香辛料ですが、スパイスといっても山のような種類がありますよね。その中でも、比較的使いやすいのが黄色が特徴のクルクマ。フレッシュクルクマはジュースなどに入れたりもしますが、姿は生姜に似ています。いったん手につくとなかなか色が落ちないのですが、健康にも大変良い野菜の一つです。ウコンというと納得ですね。

火が通った野菜の中へ、クルクマを加えると香りが一気にオリエンタルに変わります。カレーではないので使用する量は香りづけ程度。食欲をそそる良い香りが漂ってきます。暑い日にぴったりですね。

冷めてからもしっかりと味がしみ込んでさらに美味しくなります。沢山作って翌日にもどうぞ。

材料 3~4人分

  • じゃが芋 約350g
  • カボチャ(北海道) 小1個
  • パプリカ 1個
  • ズッキーニ 1本
  • エシャロット(なければ、玉ねぎやネギで代用) 1個
  • にんにく 1片
  • クルクマ(パウダー) 小さじ2~3杯程度
  • カルダモン 2~3粒
  • カイエンペッパー(ドルチェ) 小さじ2程度
  • 塩 適量
  • オリーブオイル 適量

下準備

  1. 野菜類は重曹で洗ってしっかりと水をきっておく
  2. 水に塩をひとつまみ加え、じゃが芋は皮を剥かずに投入し、10分程度お湯が沸騰する頃を目安に下茹でをする
  3. 下茹でしたじゃが芋の皮を剥いて食べやすい大きさにカット
  4. カボチャは中の種を取り除き、皮付きのまま一口大にカット
  5. パプリカは皮付きのまま、一口大にカット
  6. ズッキーニは適度な厚みを残して食べやすい大きさにカット
  7. エシャロットは細かく、にんにくは半分にカット(後で取り除きやすいように大きめにカットしておく)

作り方

  1. 深めの鍋に、オリーブオイルをたっぷりと引き入れ、にんにくとエシャロット、お好みで唐辛子を少々加えて香りを引き出す
  2. 火が通りにくい野菜、カボチャ、じゃが芋をはじめに加え炒める
  3. パプリカを加える
  4. ズッキーニを炒め、塩を適量加える
  5. 野菜をいためている途中でオイルが足りないようであれば、その都度加える
  6. 火が野菜全体に通ったら、クルクマパウダー、カルダモン、カイエンペッパーを加え混ぜ合わせる
  7. しばらく炒めて、最後に塩で味を調える

Sponsored Link

 

Scroll Up