Skip to content

ローマの冬野菜 プンタレッラサラダ


「プンタレッラ」と聞いてもピンとこない方も多いとは思いますが、12月から2月頃が旬な、イタリア、ラッツィオ地方、ローマの冬野菜です。ではイタリア人ならみんなが知っているポピュラーな野菜なのかというとそうでもなく、相方の実家(サルデーニャ島)では、近年までまったく知られていなかったほどローカルな野菜です。イタリアには、地域ごとに様々な伝統料理があり、さらに、自分の住む地域の伝統料理に誇りを持っていますので、意外と近いのに知らない、食べたことがないという場面に出くわすことが多々あります。

プンタレッラというのは、イタリア語でプンタ「尖った」という名前の通り、先のとがった部分を細く割くように切って頂くのがもっとも一般的な食べ方です。この作業は骨が折れるので、ローマのマーケットでは、おばちゃん達が代わりに刻んでくれ、すぐに使える状態で売っているほどです。余った葉の部分も捨てずに、にんにく、唐辛子、オリーブオイル、塩、胡椒で炒めても良いですし、バーミキサーを使いペースト上にし、パンなどにのせて食べても美味しいです。

栄養面をみてみますと、炭水化物、繊維質がわずかに含まれてはいますがほとんどがカリウムです。カリウム制限のある方は気を付けてください。食感はアスパラガスにもやや似ていますし、味は苦味がとても強いですが、冷水にレモンを入れて浸しておくことで変色を防止しアクが抜けてマイルドな味に仕上がります。昔から、苦い野菜は体にとても良いと言われていますから、プンタレッラ独特の苦味で、少し早い春の到来を味わってみてください。

最近では、街中のスーパーや百貨店の生鮮食品売り場などで購入することが出来ますので、興味があったけれど食べ方がわからなかった方や、家庭でもイタリアの味を再現したい方など、この機会にぜひ試してみてくださいね。

puntarelle

材料

  • プンタレッラ 800g
  • アンチョビ フィレ 4切れ
  • オリーブオイル エクストラバージン 30g
  • ワインビネガー 10g
  • ニンニク みじん切り少々(香りづけ程度)
  • 唐辛子 少々
  • 塩、胡椒 適量

作り方

  1. 大きめのボウルに冷水とカットレモンを用意する
  2. 上記写真のように、束になっている部分はひとつづつバラし、表面の余分な葉などをそぎ落とす(写真では、余分な葉は処理済みの状態です)
  3. 縦半分に切り込みを入れ、中綿をそぎ落とす
  4. 細くながく切って、水にしばらく浸しておく
  5. くるっと丸くなるのを目安に水を切る(しばらく水に浸しても丸くならない場合は適当なところで水切りをしてください)

アンチョビソース

  1. ボウルにニンニクのみじん切り、アンチョビフィレ、ワインビネガー、唐辛子、ブラックペッパーを入れアンチョビをフォークでつぶす
  2. オリーブオイルを少しづつ注ぎ入れ素早くかき混ぜる。右利きの方は、左手にオリーブオイルをもってゆっくり注ぎながら、右手のフォークで素早く混ぜるときれいなクリーム状に仕上がります

刻んだプンタレッラとソースを混ぜて出来上がり。

puntarelle salad

Scroll Up