Skip to content

基本 アーティチョークの下処理


アーティチョークは大変栄養が豊富な野菜で、動脈硬化や高血圧、がんや糖尿病予防などに効果がある野菜として知られています。

イタリアでは大変ポピュラーな野菜のひとつですが、その最も有名な食べ方には、ローマに伝わる(carciofi alla giudia) ユダヤ風や(romana)ローマ風で、こちらは棘がなく丸みをおびた形が特徴の”ロマネスコ”という品種を主に使用します。

北イタリア、リグーリア州やサルデーニャ島では、先が鋭く尖りスラっとした花が特徴の”スピノーゾ”という品種を生のままスライスしてサラダとして食べたりもします。最近では、イタリアの料理番組でもサラダとして紹介しているのをたびたび見かけるようになりましたが、地域によって様々な伝統的なレシピがある野菜です。

季節は11月頃から4月頃が旬として出回る野菜ですが、イタリアでは新鮮な時期にアーティチョークのオイル漬けを沢山作り置きをし、年中お料理や前菜、パテなどとして活用します。

日本ではあまり一般的ではない野菜ですが、アーティチョークはイタリア料理には欠かせない食材です。当レシピでも今後様々な料理で活用していきます。是非下処理をマスターし気軽にヘルシーなアーティチョークを使ったイタリア料理を普段の食事に取り入れてみては如何でしょうか。

写真は、鋭い棘があるスピノーゾ

MINI

Sponsored Link

処理の仕方

  1. レモンと冷水を入れた深めのボウルを用意しておく
  2. 花の部分と茎を包丁でカットする
  3. 棘に注意しながら上部、まわりの花弁を手で剥いていく
  4. 茎の部分がある場合は、小さめの包丁を使用し、表面のごわっとした皮を上から下へ向かってさく(まわりの葉は捨てる)
  5. まわりの花弁を思いきってむいていき中心に近くなってきたら、上方をナイフで切り落とし、上記写真(タイトル)のようにする
  6. 半分にカットする
  7. 上記写真(タイトル)を参考に、中心部位のフサッとした部分を包丁で取り除く
  8. 薄くスライスし、すぐにレモンを入れた冷水につける
  9. 同様に、茎の部位も食べやすい大きさに薄くカットする

DSCN1853

その他

お店で買ってからすぐに使わない場合は、花を活けるように、茎をナイフでカットし、綺麗な水につけておくと長持ちします。また、一度に沢山調理する予定がある場合は、下処理を7.まで済ませて、レモン入りの冷水に入れ冷蔵庫で保存しておくと便利ですよ。

Sponsored Link

 

Scroll Up