Skip to content

南イタリアの美味しいフレッシュチーズBurrataの食べ方


南イタリア、アドリア海に面するプーリア州名産のチーズブラータ。主に水牛または牛の乳から作られ、そのフレッシュでとろけるような食感とクリーミーな味わいが特徴です。形はぷっくりとした丸い袋状で、モッツアレラと生クリームで形成されています。外側の袋の部分はモッツアレラ、その中へ残りのモッツアレラと生クリームを入れます。伝統的な作り方では出来上がったチーズを緑色の葉で包み頭の部分をくくります。古くなると特徴であるとろけるような食感がなくなってしまうので、新鮮な葉で包むことが鮮度の目安となっているようです。一般的に市販されているものは、ビニール袋やプラスティック容器に入って売られており、葉の代わりに緑色の紐でくくられていたり、ミニサイズのブラータであれば、モッツアレラのように丸く形成されているものもあります。

ブラータやモッツアレラなどのフレッシュチーズは、食べる直前に冷蔵庫から出すのではなく、しばらく常温において置くことでよりソフトな食感とミルキーな味わいが楽しめます。時間がない場合は、プラスティックの袋の上から、ほんの少しぬるま湯に浸しておくと美味しく食べられますよ。

burrata4

ナスのグリルやルッコラ、ベビーリーフなどの葉野菜と一緒に食べても美味しいです。ドレッシングはオリーブオイル エクストラバージンと塩、お好みでこしょうや、ほんの少しバルサミコ酢をサラダにかけてもチーズとの相性は良いですよ。

burrata3

Buon appetito!

Scroll Up