パスタ 基本のイタリア料理&地中海料理

目玉焼きでアマトリチャーナ

今日のレシピは、アマトリチャーナソースです。

イタリア中部山間部の古い歴史を持つ小さな町、アマトリ―チェ発祥のソース、アマトリチャーナは、素朴で個性豊かな味わいが特徴。

メインの材料は、グワンチャーレ(豚のほお肉)と、ペコリーノ(ロマーノ)羊のチーズです。

アマトリチャーナソースは本来パスタのレシピですが、今回はアレンジして目玉焼きとあわせています。

それぞれの個性を生かしたパンチある素朴なソースは、パスタだけでなく、卵とも絶妙なバランスで楽しめます。

パスタは、太麺で穴の開いたブカティーニをあわせると本格的です。

 

 

 

材料 アマトリチャーナソース 2人分

  • グアンチャーレ 約50g
  • トマト缶 1缶(400g)
  • 白ワイン 少々
  • 唐辛子 1本
  • 玉ねぎ 小½
  • 塩、胡椒
  • オリーブオイル 少量

 

目玉焼き 1人分

  • 卵2個
  • アマトリチャーナソース 好きなだけ
  • ペコリーノチーズ 適量

 

ソース作り方

  1. 薄切りグアンチャーレを細く小さくカットする
  2. フライパンにオリーブオイルを少量と赤唐辛子を入れ、スライスしたグアンチャーレを入れる
  3. 脂をしっかりとだして、肉が透明になってきたら白ワインを少量まわしいれる
  4. ワインのアルコールを飛ばしたら、グアンチャーレだけをフライパンから取り除き、別の容器に入れておく
  5. そのまま、薄切りにした玉ねぎを炒め、トマトを加えてソースを作る
  6. トマトソースができたら、先ほどのグアンチャーレを入れ、塩、胡椒で味をととのえて完成
  7. 赤唐辛子を取り除く

 

目玉焼き作り方

  1. 先に用意しておいたソース適量をフライパンに入れ、そこへ卵をそっと加える
  2. 最後にペコリーノチーズをたっぷりと削り完成

 

 

Copyright ©saluteatavola. All Rights Reserved.