Skip to content

ザクロとくるみのラプンツェルサラダ


1年草の”ラプンツェル”は、ビタミンや鉄分などのミネラルを豊富に含む野菜で、特に秋から冬にかけて地面が凍る前の今が一番おいしいと言われている野菜です。

日本では、コーンサラダやマーシュという名前で見かけますが、ほんのりと甘く、くせのない食べやすい味が特徴です。

今が旬のザクロや林檎、洋梨などのフルーツを合わせると、栄養面だけでなく季節感も出て美味しいですね。

今回は、ザクロとりんごを合わせているので、ドレッシングにはりんご酢を使用しています。

ほんのり甘く、野菜の苦みとフルーツの酸味、クルミの香ばしさを合わせた秋から冬にかけて楽しむサラダです。

 

材料 2人分

  • ラプンツェル 250g程度
  • ザクロ ¼程度
  • 林檎 ½個
  • 人参 小1本
  • チェリートマト 5個程度
  • クルミ 10粒程度

ドレッシング

  • オリーブオイル エクストラバージン 100ml程度
  • りんご酢 50ml程度
  • マスタード 小さじ1程度
  • はちみつ 小さじ1程度
  • 塩、胡椒

作り方

  1. 野菜を重曹で洗ってしっかりと水切りをする
  2. ラプンツェルは食べやすいように、1枚ずつにする
  3. すべての材料を合わせて、ドレッシングを直前にかけて完成

 

 

 

Scroll Up